乳首のかゆみの原因と適切な対処法とは

乳首の病気としてまず第一に挙げられることが、乳頭炎と呼ばれるもの

汗をかいたり暑さで群れることによって、非常に細菌が繁殖しやすい : 思わぬ病気が潜んでいる可能性もあるため、できる限り早く病院を受診 : 乳首の病気としてまず第一に挙げられることが、乳頭炎と呼ばれるもの

その一方で通気性が悪い部分でもあり、汗が出る汗腺がたくさんあり、ここからたんぱく質や脂質などを含んだ汗が分泌されます。
このことから細菌への感染なども発生しやすい部分であり、かゆみを引き起こしやすい部分と言えるでしょう。
乳首の病気としてまず第一に挙げられることが、乳頭炎と呼ばれるものです。
これは乳首に細菌感染が発生することによるものです。
基本的には皮脂により保護されている部分ですが、分泌量が何かしらの理由によって減少した場合には、ささいな刺激によってダメージを受けやすくなります。
下着のすれや汗などが該当しますが、これらによって炎症を引き起こす可能性があるのです。
その多くは湿疹やびらんなどを伴って、そのまま放置して症状が悪化した場合には痛みや発赤、はれなどの症状が出ることもあります。
そして乳房パジェット病と呼ばれるものです。
これは乳がんの一種で、中高年の女性に発症しやすいと言われています。
びらんやかさぶたなどが現れますが、一般的な乳がんにみられるようなしこりは形成されません。
皮膚や粘膜などの病変が主な症状となるので、悪性の病気だと気づかれにくいものと言えます。
そのため発見や治療などが遅れる可能性も考えられるので十分な注意が必要です。
そして三つ目には進行乳がんが挙げられます。
これは乳管の中に乳がんができるものであり、乳管を通して先端まで浸透し、湿疹などの病変が形成されます。
かゆみを伴うことはそれほどないのですが、乾燥したり細菌感染が生じた場合には、かゆく感じることもあるでしょう。