乳首のかゆみの原因と適切な対処法とは

汗をかいたり暑さで群れることによって、非常に細菌が繁殖しやすい

乳首は左右に存在する乳房のほぼ中心部分に存在しています。
乳輪に囲まれた場所に位置していますが、これらの部分にはアポクリン汗腺と呼ばれる分泌腺が広がっていて、ここからは多くの皮脂が分泌される特徴があります。
また日ごろから下着などで通気性が妨げられている部分であり、汗をかいたり暑さで群れることによって、非常に細菌が繁殖しやすい環境となっています。
このようなことから、比較的低くトラブルが生じやすい部位であり、そのトラブルの一つにかゆみが挙げられます。
具体的にはかゆみのある湿疹を伴ったり、赤くはれて痛みが伴う、授乳中ではないのに液体が分泌されるなどの症状が挙げられます。
このような症状が生じることにはすべて原因があり、適切な対処方法や、病院を受診するための目安などを知っておくことは重要です。
乳首のかゆみを引き起こしやすい皮膚の病気としては、まず第一に接触性皮膚炎と呼ばれるものがあげられます。
これは簡単に言うとかぶれであり、下着などの繊維が肌に合わなかった場合に、湿疹ができたりかゆみを引き起こすことになります。
特に乳首は下着と直接的に接することになるので、万が一これらの素材と肌に合わなかった場合には、皮膚炎を発症する可能性があります。
また皮脂の分泌量が低下することによっておこる病気が、皮脂欠乏性湿疹と呼ばれるものです。
これは簡単に言うと乾燥肌と呼ばれるものであり、強くかゆい状態が生じたり、場合によっては湿疹を伴うケースもあるでしょう。

乳首かゆいときに普通にかく、その行動自体をやめるべきだと思うんですけど世の中の女の子は乳首かゆいときの対処法どうしてるのか気になる。
え、かゆみどめクリームとか塗ってるんですか?

— 女 (@kikkoman700ml) January 17, 2016

汗をかいたり暑さで群れることによって、非常に細菌が繁殖しやすい : 思わぬ病気が潜んでいる可能性もあるため、できる限り早く病院を受診 : 乳首の病気としてまず第一に挙げられることが、乳頭炎と呼ばれるもの

乳首のかゆみの対処法アトピーの乳首のかゆみ